生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
ゴールデンウィーク分散化よりも、有給消化できるようにして
民主党政権が検討している「ゴールデンウイーク分散化」。 地域ごとに連休を取る日程をずらすというものだ。 テレビ報道では、海外では、そうゆう例もあるらしいけど。

反対です。

それ以前に、社員それぞれが自由な時期に有給休暇を使って、有給休暇を消化できるような社会制度・組織風土・企業風土を目指す政策を考えるべきだ。

大多数のサラリーマンにとって、現在の日本の企業文化における「お休み」の基本は、「ピラミッド式にみんな一緒に休もう」なんだ。

すなわち、
  • お役所がカレンダーどおりにきっちり働くから、一次受けの大企業が休まない
    滅私奉公ですから〜
  • 元請け会社が休まなければ、その下請けの会社も休めない
    いいですよ〜、休んでも。 次から仕事回せないけど…)
  • 多くの中小企業には、「親会社・元請け」カレンダーが存在し、親会社や元請け企業の日程に合わせて休む
    (おい、おまえっ!有給使ってもいいけど、休み明けにはおまえの机ないからなっ!)
という具合だ。


こんな話もある。

「残業を減らして、労働時間の短縮を!」という話が持ち上がったとき、「官庁が水曜日をノー残業デーにした」から、民間企業の多くは、水曜日を ノー残業デー にしたというホントかウソかわからないようなネタ。

でもね、日本ほど、祝祭日が多い国も珍しいんじゃないかと思う。 カレンダーをみて、「あぁ、今月は祝日なしかぁ」とかため息ついちゃうぐらいなんだから。。。

それより、有給休暇を消化できる、しかも個々の社員の都合で自由な時期に取得できるような仕組みづくりのほうが長い目で見て大切なんじゃないか?

国家で定められた祝祭日に絡めてしか休みを取れないなんて、まさに 政治主導 ですね。

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政
 

15:35

政治、経済、経営

comments(0)

trackbacks(0)

ユニクロは失敗から何を学んだのか?
2009年10月1日、パリにオープンしたユニクロに大行列ができているという。

2001年にロンドンに出店したときには、損失をこうむった。

ユニクロは明らかに失敗から学んだ。何を学んだのだろう?

一勝九敗 - ユニクロも失敗ばかりだった - (新潮文庫)


JUGEMテーマ:ビジネス

15:40

政治、経済、経営

comments(0)

trackbacks(0)

2006年景気は本当に「いざなぎ景気」を超えるのか?
先日ニュースで言っていたが、このまま景気回復が続くと、2006年(平成18年)11月で、「いざなぎ景気(1965年10月〜1970年7月)」を超えて、戦後最長となるそうだ。

これは、実感としてまったく理解できない。当然、いざなぎ景気そのものを体感した世代ではないが、自分はいわゆるバブル世代だ。バブル景気に比べれば、今の景気回復基調なんて、まったく実感とかけ離れている。

その辺の理由を日経Biz-Plusの(6/29)「いざなぎ超え」を考える(小峰隆夫)がわかりやすく解説してくれている。。

この記事は、疑問をすっきり解決してくれた。結局、今の景気回復というのは、「勢い」がいざなぎ景気にはるかに及ばないのだ。
これでは、実感できるわけがない。

そんな実態とかけ離れた景気指標だけで、ゼロ金利解除しても大丈夫なのか? まぁ、大丈夫だろう。私がいいたいのは、景気指標だけで、戦後最長の景気拡大などと騒いでほしくないのだ。

20:31

政治、経済、経営

comments(2)

trackbacks(1)

続・領収書の宛名は「殿様」でよろしいですか?
領収書の宛名は「殿様」でよろしいですか?で、領収書の宛名が「上様」でいいのなら、「殿様」とか「親方様」とかでもいいじゃないか?と書いた。

NHK大河ドラマ『功名が辻』を観ていて思ったのだけど、結局、「上様」というのは、信長のこと(先週までは)であり、秀吉が天下を取れば「上様」は秀吉を指す。しかし、その信長や秀吉の配下にいる大名は「殿様」である。また、信長が天下を取る以前は、信長は「親方様」と呼ばれていた(らしい)。

ということは、「上様」は、この世に一人しかいないという点で、一意にある特定の人を指す。そこを捻じ曲げて、ある特定の法人を一意に指し示すという解釈をして、「上様」の宛名の領収書は、その法人宛に「○○株式会社様」と振り出された領収書と同義と解釈するんじゃなかろうか?

これが、「殿様」とか「親方様」が宛名の領収書だと、「どこの殿様だがや?」とか「どごの親方様だっちゃ?」ということで、一意に特定できないからダメなのかもしれない。。。

こんな時代劇的判断を税務署がしているとは思えないのだが。。。

いかがにござりましょう?上様?

「是非に及ばず!」

17:41

政治、経済、経営

comments(5)

trackbacks(2)

領収書の宛名は「殿様」でよろしいですか?
よく領収書をもうらうとき、「宛名はどうしますか?」と聞かれて、『「上」でいいです』と言って「上様」で領収書を書いてもらうことがある。

あれは、どういうことなんだろう?
本来、社名なり屋号なりで領収書をもらうべきなんだと思うけど。。。

上様でいいなら、「殿様」でもいいんだろうか?
あと、「親方様」とか?

税金関係は詳しくないからよくわからんけど。。。
いかがでしょう? お殿様?

「うむ、よきにはからえ!」


22:55

政治、経済、経営

comments(0)

trackbacks(0)