生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

朝ドラ 『ゲゲゲの女房』 5つの不安と1つの期待
2010年3月29日スタートの NHK 朝ドラ 『ゲゲゲの女房』 の予告番組 「ゲゲゲの女房」放送直前スペシャル を観た。

朝ドラ 「ちりとてちん」のテーマ曲 でピアノ演奏を担当した松下奈緒さんが主演ということで、楽しみにしているのだけど…

この番組宣伝を観て、ちょっと不安のほうが大きくなってきた。

その不安とは、
  1. 脇役陣のキャストが豪華すぎて、逆に不安
    これは、過去に脇役陣が豪華で凄い期待した 朝ドラ か 大河ドラマ が ずっこけた という漠然とした印象があって、そのドラマがどのドラマだったか思い出せない。 そんな直感的な不安。

  2. 水木しげるさん役の 向井理さん の演技に迫力がない
    水木しげるさん役の向井理さんが、「仕事場のものには手を触れるなっ!」 と、松下奈緒さん演じる奥様を怒鳴りつけるシーンが紹介されていたのだけど、迫力が感じられなかった。

  3. 水木しげるさんの変人っぽさが感じられない
    原作を読むと、水木しげるさんというのは、漫画家という職業柄なのか性格なのか、何かに夢中になると、物凄いこだわりで熱中してしまうという感じを受けたのだけど、そういう変人っぽさが感じられない。
    過去に 『鬼太郎が見た玉砕』(3月28日(日曜)深夜 再放送予定)で、水木しげるさん役を演じた香川照之さんの変人っぽさと比べたら雲泥の差。

  4. 原作から感じられた、布枝さんのちょこっとしたコミカルさが画面を通して伝わってこない
    たぶん脚本では、そういうコミカルな部分も描かれているのだとは思うのだけど、ちょっと抑え気味なのかなという印象を受けた。

  5. ゲゲゲではじまる朝8時」 のキャッチフレーズの通り、総合テレビでの放送時間が朝8:00からに変更されるけど、逆効果にはならないのか?
    朝ドラの放送時間変更は、ひとつには近年の視聴率低迷対策もあると思うのだけど、それが裏目に出なければいいがという、何の理由もない不安。

一方で、期待は、
  • 主題歌の いきものがかり「ありがとう」 が、いい感じ
    予告編でちょこっと流れていたのだけど、とてもいい雰囲気

    → 【2010/03/28(日)追記】 主題歌の いきものがかり 「ありがとう」 は、5月5日 発売予定だそうです。

と、まぁ、予告編 番組宣伝を見ただけで、こんなに酷評するのは早計で失礼かもしれないけど、期待が大きいだけに、不安も大きいという感じでしょうか。

『ゲゲゲの女房』放送直前スペシャル 再放送予定 (NHKスタッフブログより)
3/25(木)  午前8:35 総合
3/26(金)  午前9:30 総合


JUGEMテーマ:ゲゲゲの女房
 

11:43

朝ドラ ゲゲゲの女房

comments(0)

trackbacks(0)

<< 龍馬伝12回 青木崇高さん、イメージぴったりです | main | 龍馬伝 SEASON 2 ますます楽しみ >>
スポンサーサイト

11:43

-

-

-










http://tora-san.jugem.jp/trackback/105