生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

龍馬伝 第26回 迫真の演技が凄かった
NHK 大河ドラマ龍馬伝』 第26回 「西郷吉之助」

いや〜、迫真の演技の連続で、もう一度観たいシーン ベスト5 に入るんじゃないかと思える今回の放送でした。

武市半平太(大森南朋さん)から、毒饅頭を受け取ってしまった弥太郎(香川照之さん)と、岩崎家の家族の激しい言い争い。 父・弥次郎(蟹江敬三さん)との 「こりゃ本気か?」 とも思えるほどの饅頭を食わせろ!ダメじゃ!の壮絶なバトル。 一転して、弥次郎がみせた 武士 としての一面。

その激しいシーンの強烈な印象が冷めやらぬまま、場面は以蔵(佐藤健さん)の牢屋へ。

饅頭を差し入れる弥太郎の尋常ではない様子に、人斬り以蔵の死の臭いへのカンが蘇り、瞬時にすべてを理解したかのように、突き落とされるような佐藤健さんの迫真の演技。

体は、拷問のために、 「史上最弱の仮面ライダーの最期!」 といわんばかりに、ボロボロなのに。

安堵したかのような、武市への感謝の言葉を口にしつつ、毒饅頭を自ら食わせろ!と声にもならないような声で叫ぶ。

香川照之さん、蟹江敬三さん、佐藤健さん、物凄い迫真の演技でした。

凄かった。

[佐藤健] ブログ村キーワード

JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「龍馬伝」
 

21:38

大河ドラマ 龍馬伝 SEASON 2

comments(0)

trackbacks(1)

<< 龍馬伝 第25回 お龍の 笑顔の練習 が可愛かった | main | 龍馬伝 第27回 龍馬の大芝居、カッコよかった >>
スポンサーサイト

21:38

-

-

-










http://tora-san.jugem.jp/trackback/132
龍馬伝
感想や、登場人物、日本各地での龍馬キャンペーンなど
| いとちゃんのブログ | 2010/06/30 5:27 AM |