生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』 あゝ失恋48連発 (第15作)
『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』 あゝ失恋48連発 (第15作)

今回の作品は浅丘ルリ子さん演じるリリーがマドンナ。
リリーは派手なんだけど、途中で寅さんがリリーのことを想って言うセリフが身にしみる。

『あぁ、俺が金持ちだったらなぁ…』とお金があったらリリーにさせてあげたいことを想像しながら語る。

俺もどんなに、何回もそう思ったろうな。今でも思ってるし。

それに、「パパ」こと船越英二さん演じるサラリーマンのおじさんも身につまされる。ある日突然、家出してしまったらしい。結構、高給取りのサラリーマンで妻子ある身。でも自由を探してふらりと出て行ったきり。
サラリーマンの精神的つらさは、1975年(昭和50年)という時代でも、今でも変わらないんじゃないかなぁと感じた。

22:44

男はつらいよ

comments(0)

trackbacks(0)

<< サンマの骨せんべい | main | 『男はつらいよ 葛飾立志篇』 あゝ失恋48連発 (第16作) >>
スポンサーサイト

22:44

-

-

-










http://tora-san.jugem.jp/trackback/14