生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

『功名が辻』第23回「本能寺」
NHK大河ドラマ『功名が辻』第23回「本能寺」2006年6月11日放送

功名が辻もいよいよ、「本能寺の変」。今年(2006年)の大河ドラマは、特に織田信長と明智光秀、帰蝶(お濃の方=信長正室)の描き方が非常にオリジナリティあふれる独自のものだ。大石静さんの脚本が、「あぁ、こんな描き方もあったのだなぁ」と、謎の多いこの3人に新たな視点を加えてくれたと思う。

例えば、そもそもお濃と明智光秀が従兄妹(いとこ)であるという設定。これに近い考え方、すなわち、明智光秀が美濃・斎藤氏の領地である明智郷の出身であるという考え方は以前からあった。しかし、従兄妹(いとこ)というのは初めてみた。このあたりは、史実にお詳しい方に解説を譲ろう。

さらに、『功名が辻』の冒頭から、明智光秀と、織田信長の心の奥深くの葛藤、ぶつかり合いまで描いている。この点も非常に評価できる。

そして、今回の大河ドラマで象徴的なのは、「本能寺の変」そのときに、お濃の方が本能寺にいるということだ。これは今までにない。それに、これを逆に否定できるのだろうか? 帰蝶(お濃の方)という人の後半生については、あまり詳しく語られている作品はないのではないか?そもそも信長公記などではどう記述されているのだろう?

今回の「本能寺の変」、「美しい」と評したら不謹慎かもしれない。なにしろ、人が死んでゆく場面なのだから。しかし、まるで舞台を観ているような、そんな錯覚を覚える新しい「本能寺の変」像だったと思う。信長(舘ひろしさん)の「お濃っ!あの世とやらであいまみえようぞ!」というセリフ。かっこよかった。



さて、『功名が辻』では、はじめのうちから、織田信長と明智光秀の絡みというか、本能寺の変に至るまでの過程が、非常に詳しく描かれた作品だと思う。

このあたりは、堺屋太一さんの『鬼と人と』に非常に近い。 すなわち、織田信長=鬼、明智光秀=人という視点で物事を見直してみると非常にわかりやすく、明智光秀という人の考え方、本能寺の変に至るまでの葛藤と決断がよく見えてくるのである。


それから、新しい解釈を盛り込んだ「本能寺の変」ということを、NHKは年初から宣伝していたけれども、確かに、上記のとおり、新しい試みがいろいろと取り入れられている。上記以外にも、これまでの信長の最後の闘いであった白い浴衣に弓で戦うというイメージを、甲冑を着けて鉄砲で光秀と戦うというように描いたのもそのひとつだ。

新しい解釈、ということであれば津本陽さんの『本能寺の変』が非常に面白い。光秀に本能寺の変を決断させたのは何か?信長はやっぱり鬼なのか?(たぶんそう)。そして、信長の首は何故見つからなかったのか?などなど、歴史の謎とされている部分に新しい解釈を与えている。


織田信長ファンにたまらない一冊!

もし信長が生きていたら! あの本能寺の変があと4時間遅かったら?!

世界史を変える、信長の壮大なロマン!

来るべき日本の大航海時代。ルネッサンスと時を同じくして成される信長の変革! 新しい日本の近世!

22:30

大河ドラマ 功名が辻

comments(4)

trackbacks(11)

<< 大河ドラマ 功名が辻 『開運の馬』(第21回) | main | 続・領収書の宛名は「殿様」でよろしいですか? >>
スポンサーサイト

22:30

-

-

-

新しい解釈の本能寺、、、をもうちょっと長くみたかったですね。もうちょっと光秀のこれまでの葛藤も含めて描いてほしかったです。
| てれすどん2号 | 2006/06/11 11:08 PM |
寅さん!

こんばんわ!

今年の大河も折り返し地点!
といったところでしょうか。

信長と濃は、それまでぶつかり合っていただけに
最後はこの絆!

泣けました。
| 「感動創造」 | 2006/06/12 12:03 AM |
おはようございますぅ。
TBありがとうございました。

本能寺が終わったと思ったら
来週は清洲会議まで行くようで。
なんかちょっと拍子抜けして
ますね。もう少し見たかったです。
| bluestar1719 | 2006/06/13 9:39 AM |
おじゃまします。

既成観念にとらわれず、新しい解釈の本能寺。よかったと思います。それぞれ演じる役者に相応しい、素敵な演出だったのではないでしょうか。

特に濃姫は印象的でした。信長もちょっと食われちゃっていた気もします。(^^
| ラフマニノフ | 2006/06/15 4:46 PM |









http://tora-san.jugem.jp/trackback/29
功名が辻23誰もかも天下取りの時は今
ここ数回の物語は本能寺に至る序章というか、信長の横暴に「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んだ」光秀謀反の正当性を解説するようなストーリでした。 でもっていよいよ「敵は本能寺にあり」です。 しかし何だか信長あまり格好良くなかったなあ〜。 膝枕は良いけ
| ぱるぷんて海の家 | 2006/06/11 10:43 PM |
功名が辻のすばらしさを語ろうの会 敵は本能寺にあり、光秀の心はどこにある、、、。
Ũ?????   ??º?ΤºФ?Ф???????ΡäΤ????Ĺμ??? ?????αĹ????ä????????ĹΤ? ???褦 ??Ĺ???ä??Τ???¤??????????и???????Υ?Ĺμ?ο??????????ä??ΰ???Τ?Ĺ?νв?????äΤ ?ΤΤ???κ????????Ĺ????????Ĺ??ľ塢??ΰ???βä
| Ĺ????????? | 2006/06/11 10:48 PM |
大河ドラマ『功名が辻』〜舘ひろしの信長、最期!!
大河ドラマ『功名が辻[:青い旗:]』ですが、小題が「本能寺」ということで、舘ひろしの織田信長は凄かったと思います[:拍手:]。 期待を裏切らない本能寺の変だったとは思いますが、思ったより短くビックリしました[:砂時計:]。一時間、本能寺だけで引っ張ると思ってい
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2006/06/11 10:55 PM |
功名が辻第二十三回「本能寺」〜もしもこの時代にブログがあったら・・・〜
「人間五十年〜」サラバ!タチ信長よ〜!
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/06/12 12:05 AM |
功名が辻 第23回 本能寺
{/shootingstar/}オープニング 光秀と信長の価値観の差は埋め難いものに。 {/shootingstar/}本編 先週の膝枕は本能寺だったのね。 濃姫「殿がお気に召さずとも濃はあなたさまの妻に御座います。殿の天命と共に濃も生きるつもりにございます。」 すっかり仲良し{/3hea
| ななさんにトラックバック(仮) | 2006/06/12 7:44 AM |
功名が辻 本能寺
 「本能寺の変」は戦国時代最大の見せ場。  もはや現代の日本人にとっては、かつての「忠臣蔵」のようなものであろう。  どう描かれ、どう演じられるか?  「功名が辻」の「本能寺」は信長の狂気と共に女性の視点が随所に盛り込まれていた。   1  まずは濃(和
| ??? | 2006/06/12 11:31 AM |
功名が辻第二十三話見ました
 キターーーーーーー坂東三津五郎の「敵は本能寺にあり!!」  奥方様、参戦か??   死ぬか・・・・・・。  銃弾に倒れる信長。  「敵は本能寺にあり!」その光秀のかけ声にて本能寺の変が・・・・・・。  刃や銃が交え、信長が撃たれる。  そして、濃も。「
| 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋交通コラム | 2006/06/12 6:03 PM |
NHK功名が辻(23)敵は本能寺
承前[MuBlog:NHK功名が辻(22)明智光秀と愛宕山] 元・本能寺址(小川通蛸薬師)地図  今夜は「本能寺の変」だった。  見応えがあった。  信長が光秀の謀反を聞いて「是非に及ばず」と言ったのを、だれが耳にしたかはしらねども、そのような死だったのだろう。
| MuBlog | 2006/06/12 7:03 PM |
「功名が辻」第二十三回
今日はデータ放送で字幕を出しセリフを確認しつつ見ました。来ましたね。"本能寺(の変)"思ったよりあっけなく終わったような気がするのはワタシだけでしょうか。信長が光秀の謀反に気づいた後、しばし格闘、炎の中で自決するまでがなんか一気につっきった感じ。信長
| カクテルライト(Cocktail-light) | 2006/06/13 9:35 AM |
『功名が辻 第23回「本能寺」』を観た
もう少し、「本能寺の変」に時間をかけてくれてもよかったんじゃないかなぁー。演出自体はすごくよかったのに。「うぅ、もう終わり?」という失望感が…。
| TV視聴室 | 2006/06/14 4:51 PM |
功名が辻・第23回「本能寺」
さて、史上有名で誰でも知っているといっていいであろう「本能寺の変」 ドラマや映画や小説、講談、歌舞伎、舞台などなど・・・いろんな媒体でやってますから、歴史上の出来事で、最も有名だといってもいいでしょう。 けれど、そこに至る明智光秀の「動機」や炎に
| 劇団たぬきの元気が出るブログ | 2006/06/14 10:45 PM |