生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

カモカってチュパカブラ?
NHKの朝の連ドラ『芋たこなんきん』で、ヒロイン町子(藤山直美)の夫になる徳永健次郎(國村隼)は、通称「カモカのおっちゃん」。 NHKドラマホームページによると「※カモカ・・・子どもをかんで食べてしまう妖怪(ようかい)のこと。」だそうだ。

チュパカブラ 想像図どんな姿なんだろう?
ドラマ中でも、町子の子供時代にばーばーばーちゃんに「夜更かししてるとカモカがくるで〜」って言われてた。子供にしてみれば相当怖いものだよな。

そこで、カモカというのはチュパカブラみたいなものか?と。。。

チュパカブラというのは何年か前に南米に出現したと大きな噂になった吸血生物。→ UMA情報002「CHUPACABRA(チュパカブラ)」がわかりやすくて詳しいです。



でも違うんですね。やっぱり。。。
asahi.comの「カモカが来る」って、何が来る? がとても面白く解説してくれている。カモカは現代では絶滅の危機に瀕しているのだ。

自分たちの世代で言えば、口裂け女かなぁ? でもあれは、親に言われるんじゃなくて、子供同士で噂しあってたものだから、ちょっと用法が違いますね。

で、先述のasahi.comの記事でも触れられているんだけど、絶滅の危機に瀕している「カモカ」。今でも生息しているのは、『芋たこなんきん』の原作者である田辺聖子さんのエッセイ「カモカのおっちゃん」シリーズだそうだ。人生や世の中のこと、男女のつきあいのことなど、カモカのおっちゃんが教えてくれたり、対談していたりするらしい。
田辺聖子さんの著作は今まで読んだことがなかったけれども、是非読んでみたい。

で、カモカって結局どんな姿やねん?

03:21

テレビ

comments(0)

trackbacks(1)

<< 『芋たこなんきん』 始まりました! | main | おでんの季節ですね〜 寅さん >>
スポンサーサイト

03:21

-

-

-










http://tora-san.jugem.jp/trackback/34
芋たこなんきん
「芋たこなんきんの本を探してくれへん?」と近所のおばちゃんに声をかけられた。
| リアルスタイル | 2006/10/17 6:30 PM |