生まれも育ちも葛飾柴又、フーテンの寅と発しやす。。。俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ。。。
pc
LINKS
RECOMMEND
NHK大河ドラマ50
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
広告表示のプライバシーポリシー
当サイトでは、Google Adsense等、第三者配信事業者によるサービスを使用して広告を表示しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。
このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




-

-

-

坂の上の雲という物語がわからなくなってきた
NHKスペシャルドラマ 『坂の上の雲』 第4回 「日清開戦」 を観ました。

前回、第3回 「国家鳴動」 放送後に、『坂の上の雲』第3回「国家鳴動」 何を表現しようとしているのか? で、このドラマで、日清・日露戦争を描くこの意味がよくわからないという趣旨のことを書いた。

今回の第4回 「日清開戦」 を観て、もっとわからなくなった。

明治の時代、日清戦争のその時に、秋山好古、秋山真之、正岡子規 達が、それぞれ何をしていたのかという観点で、3人を描いていた。 けれど、3人のエピソードをもとに、日清戦争という大きなテーマ、もっと広くは明治という時代を描くには、1話90分では、あまりにも短すぎる。


これが大河ドラマなら、日清戦争だけで、3回とか4回の放送になるんじゃないか?

今回、第4回の『坂の上の雲』で、何を表現したいのかが、ますます よくわからなくなってきた。

やっぱり、坂の上の雲を理解するには、もっと放送回数を増やして、ゆっくりと、詳細に、ドラマを作って欲しいという気がした。

あと、原作である『坂の上の雲』という小説(司馬遼太郎) そのものが何を伝えたいのかということすら、私は見失いつつある。

やっぱり、原作読まなきゃだめかなぁ。。。

 

22:57

坂の上の雲

comments(2)

trackbacks(0)

<< JUGEM に残留しました(私の負けです) | main | まことに小さな国。。。ニッポン が明治国家を築くために坂を上る >>
スポンサーサイト

22:57

-

-

-

>>あと、原作である『坂の上の雲』という小説(司馬遼太郎) そのものが何を伝えたいのかということすら、私は見失いつつある。

やっぱり、原作読まなきゃだめかなぁ。。。


読んでないのに、なにを見失いつつあるの?
| www | 2010/08/15 5:17 PM |
www様、

鋭いツッコミ、ありがとうございます。(笑)

おっしゃるとおりですよね。

原作読んでないんですから〜。。。
| 寅さん | 2010/08/15 5:36 PM |









http://tora-san.jugem.jp/trackback/71